こんにちは。

福岡で 桜の開花宣言が出されましたね~(*^_^*)

まだまだ満開になるのはこれからですが、暖かい季節がやってきたかと思うと、嬉しくなります♪

 

春と言えば 出会いと別れ、そして、引っ越しのシーズンですね!

と言うのは、ちょっと強引ですが(笑)、卒業や転勤などで、住居や生活リズムが変わる方も多いと思います。

以前の記事にも書きましたが、ねこちゃん・わんちゃんは「いつもと違う」という環境の変化にとても敏感です。

荷造りで 住み慣れたお家の中の配置が変わること、

引っ越し業者さん等の知らない人間がお家に出入りすること、

乗り慣れない車や飛行機での長距離移動があること、

引っ越し後、自分のにおいがしない 見知らぬ場所でお留守番をすること、

飼い主さんが準備や片付けに追われて、一緒に過ごす時間がいつもより短いこと、などなど・・・

引っ越しというイベントには、彼らにとってストレスになることが

準備の段階から、終わった後も しばらくは続きます(´・ω・`)

 

そんな住環境や飼い主さんの様子の変化に不安を覚えて、体調を崩してしまうコは意外と多いのです。

部屋の片隅に 隠れるようにうずくまっていたり、

反対に、夜中でも 落ち着きなく部屋中をうろうろしたり、

見た目には元気なのに ごはんを食べなかったり、と ストレスサインの出方には個体差があります。

新しいお家が安全であることを認識するまでの期間も、性格によって ひとりひとり異なります。

特に、目が見えにくくなっていたり、耳が遠くなっている高齢のコは、

新しいお家の間取りに慣れるまで時間がかかるもの、と覚悟していた方が良いと思います。

 

そんなときは、ムリにご機嫌を取るのではなく、「いつも通り」の態度で接してあげてください。

バタバタして、時間や心に余裕がないときもあるかもしれません。

しかし、飼い主さんがいつも通りでいることが、ねこちゃん・わんちゃんにとって なによりの安心材料になります。

 

食欲がない、排泄を我慢する等の状態が 何日も続くようであれば、ご相談ください。

PAGE TOP